子どもが野菜を食べない原因 〇〇を観察

みんなちがってみんないい
素材を活かす料理教室と
個性を活かす育児の教室をしている
食卓×子育て応援の ひみかおり@両国 です。

お読みいただきありがとうございます☺︎/

どうしたら、子どもの食事の悩みが解消される?
「野菜嫌いをなくしたい!」について2回目です。

前回お伝えした 私の考えるアプローチ【5W1H】

① what ?「子どもは野菜が嫌い?声がけとリフレーミングで解消」
>まだお読みでない方はこちらから

 

今回は、続いて2つ目のアプローチ

② where?

・どこで食べてますか?

ウチでは食べなくても
「外食」では食べる
学校や保育園・幼稚園の「給食」では食べる
「お外の公園」なら食べる

「テーブルじゃなくてローテーブル」なら食べる
「椅子の高さ」を変えたら食べる
「大人の椅子」に座らせたら食べる
「座る席の位置」を変えたら食べる

お子様の様子はいかがでしょうか?
なんとなーく 心当たりがある? ということ
ありませんか??

さらに、
・その野菜はどこに置いてありますか?
 食べやすい場所にありますか?

「お弁当」に入れたら食べる
「お皿を変えたら」食べる
「お椀に入れたら」食べる
「可愛い絵のお皿に入れたら」食べる

こんなこともありませんか?

逆に、上記の全ての発想を逆転して、
ウチなら食べる
いつもの席なら食べる
いつものお皿なら食べる
いつもと違うから食べない

なーんてこともありませんか?

大人にとっては気にならないことも
子どもにとっては譲れないことだったりするんですね

⭐︎ 観察ポイントは「環境」 ⭐︎

場所によっては1回でも「食べた」実績があれば
それも立派に「食べた」こと!
花まる!万々歳です!!
「〇〇(お子様)は、〇〇(どこどこ)で、〇〇(この野菜)を食べたね」
その野菜を見るたびに言っていたら
「自分は食べたんだ!」
またまた成功体験の自己認識になります◎


毎日慌ただしいのに
細かいことに気にしてられないー

って思うかもしれません

これが!実はとっても重要!
【【観察】】

モンテッソーリ教育の根幹となる基本ルール【観察】が
ここにもとっても生きてきます!

ただし、
「観察」にも注意点があるのは別の話なので
また今度

子どもの食事の悩み『野菜嫌い』への対応
その②where?はいかがでしたか?

今回も長くなってしまったので
野菜嫌いを解消するアプローチ【5W1H】の
残りの 3W1H については
次回お楽しみに
それまでちょっと考えてみてくださいね

子どもの野菜嫌いシリーズ
>③「子どもが野菜を食べたくなるコツ」はこちら

 

自然栽培・無農薬・有機・減農薬・特別栽培で
心を込めて作られた素材と
添加物不使用・砂糖不使用・化学調味料不使用の
本物の伝統的な調味料の力で
おいしさを最大限に引き出す料理をご紹介する
[野菜と穀物の料理教室 香]東京都両国
野菜を美味しく食べるレッスンはこちら

モンテッソーリ教育
ハーバード式非認知能力
脳科学
コーチング
4つのかけ合わせで
家庭の日常生活が
子どもの才能も大人の才能も伸びる生活に
[輝きベビーメソッド オンライン講座]
子育て応援 輝きベビーのアプローチ についてはこちら

関連記事

  1. 子どもは野菜が嫌い?声がけとリフレーミングで解消

  2. モンテッソーリの観点から野菜嫌いへ対応

  3. 食べ物の好き嫌いがある子どもでしたか?

  4. 子どもの野菜嫌いは〇〇不足

  5. 子どもが野菜を食べたくなるコツ

  6. 非認知能力で子どもが野菜を好きになる?!

カテゴリー